確定申告の期日に間に合わずに非常に苦労してます

税金を払おうと四苦八苦している。
昨年はフリーとして働いていたが、年末に会社員になった。
こういう場合は、確定申告をしなければならないのだが、ものすごく苦労している。
そもそも、最初は、もっとアッサリと終わる予定だったのだ。
なにしろ、確定申告書を作る為のWEBシステムが提供されている。
基本的に、これに入力していけば、最終的には完成した申請書のPDFファイルがダウンロードできる。
あとは、これを印刷して捺印、証明書類を台紙(これも印刷される)に貼って、税務署宛てに送れば良いだけだ。
ところが・・・。
期限を過ぎても、結局は申請書が完成しなかった。
というのは、個人的な事情があって。
今、単身赴任中なので、申請する税務署とは別な場所に住んでいる。
 良く判らないから、一式を税務署に持ち込んで聞く
という必殺技が使えない。
・・・いや、寧ろ、地方で就職したら「休みが少なくて土曜も仕事」だとか、「会社の周囲に郵便局とか無い」とか、そっちが問題か。
とにかく、「ちょっと会社を抜け出して」とか「昼休みに」とか、全く不可能になってしまった。
※東京に居た時は有り得ない。

こうなると、土日は休みになる役所相手の作業は難しい。
会社を休めば可能だが、なにしろ入社したばかりで、まだ有給が使えない。
一日休むと、ビックリするくらいの金額を引かれるから、それは避けたい。
と言う事で・・・。
控除書類を東京の家族に送って貰って、それを元に、会社でスキを見て申請書を作成して、ってやったワケですね。
ところが、
 年金の控除証明書の発行後に、年金を払っている
とか、金額の不一致を発見。
こういう場合は、新しい金額の証明書が来るらしいのだが・・・「無い」という話で。
やむを得ず、年金事務所に再発行を頼んだ。
これは対応がものすごく速く、「来てくれれば、その場で再発行しますよ」とまで言われた。
・・・そうしたい所なんですけど・・・それには、新幹線に乗らないとダメなんで。
必要な書類がそろうまでに日数がかかり、それを記入するのに日数がかかり・・・。
ようやく書類ができた頃には、期限をすぎていた。
こうなると「延滞金」がかかるそうだ。
しかし、その率が判らない。

HPには、なんかいろいろと書いてあるのだが・・・。
WEBで申請書を作った時点で「あなたの収める税額はいくらです」と金額が表示される。
税務署からは督促はしないから、この金額を自分で払え、と表示されるワケだ。
払う気はあるんだけど・・・。
この金額に・・・いくら上乗せして払えば良いか?が判らないワケだ。
さらに、「申請した日に払い込め」とか書いてある。
遅延した場合は、税務署に「申請しにいって払う」のが前提なんだろうか?
これも、地方から郵送で申請しようとしている自分には難しい。
現金は東京に居る嫁さんの管理なんで、そっちから払ってもらう予定だからだ。
連絡とりあって、「せーの」で同じ日に払わないとダメなのか?
困った挙句、税務署に電話して聞いたところ、
 まずは表示された金額(延滞金なし)で支払ってくれ
と言われた。
その上で、日割り計算を行って、延滞金の支払額を通知します、と。
まぁ、確かに、それ以外に無い気がするけど・・・じゃあ「通知しません」は、期日どおりに支払う時だけか。
申請書を出すのと、支払を行う日も「ズレていても問題無い」と言われた。

じゃあ、あれは結局、期日通りに支払う人のみに向けた情報なのか?
・・・うーん。
「延滞金を上乗せして払おう」という奇特な人にも、もっと親切に書いてもバチは当たらない気がするけどな・・・。
まぁ、とにかく払ってしまおう。
税金は上がる一方だけど、払うべきものを払わないというのも、気分は悪いからね。

3匹の猫たちの癖、そして生活

我が家には猫が3匹いますが、それぞれ癖というのがあります。
人間と同じように、各猫なりの性格にもよるのでしょうか
その癖を毎日お披露目してくれるので、それを見る私は和みます。
例えば、一匹のキジトラですが、一番の末っ子。
身体は小さいですが、アクションがとても大きいです。
廊下を歩いていて急に立ち止まったかと思うとグルーミングをし始めて
せわしなく右、左のボディ、首の後ろをなめたかと思うと、けたたましく手足を動かして
体中を蹴ります。
この動作はどの猫も同じようにみえますが、やはりこの子は落ち着きのなさが
表面に出て、さらにアクションが大きく見えておかしいです。
一番上のキジトラは、鳴き声に渋みが増してきました。
女の子です。普段はとても甘えたでいつも私の側をウロウロとしているのです。
少し遊んであげられない時は、その渋い声を思い切り出し切って叫びます。
どこのだれが叫んでいるのかしらと思うほどの声です。人間みたいです。
そして真ん中の白黒猫は少し上目遣いの仕草をする時、可愛いと思います。
男の子です。

そんな可愛さとは裏腹な猫パンチを他の子たちに仕掛ける時は、こわいこわい兄ちゃんに
変身します。
3匹は今朝もとても元気に早起きしていました。
まだ、私がベッドから降りて着替えをしているのに、いつもの場所でご飯を待つ態勢です。
3匹のそれぞれの場所で立ってじっとしています。
1分でも早くしてくれと言わんばかりに、3匹は強い視線を送ってきます。
こうやって3匹との生活は毎日同じことの繰り返しですが、毎日がおかしいですね。
この子たちのお陰で楽しく暮らせます。

更新履歴